遠くのものは避けよ

投資における格言で「遠くのものは避けよ」と言う言葉があります。
これはどのような意味を持つのかと言うと、普段自分に関係が無かったり、興味が無いようなものには投資をしない方が良いと言う意味の言葉なのです。
なぜ、自分に関係が無かったり、興味の無い物に投資をしない方が良いのかと言うと、自分の知らない分野のものはとかく情報不足に陥りがちです。
また、情報を手に入れることができても、それが自分に興味の無いものであったりすると、それが有益な情報なのか無益な情報なのかの判別をつけることが、
できません。
逆に自分の得意な分野のことであれば、興味を持って情報を調べることをしますし、外部から入ってくる情報の意味を理解することもできます。
特に投資において情報と言うのは、非常に重要な意味を持っているため、情報の取捨選択は資産運用の成績に直結してきます。
そのために、自分のわからない分野のことに首を突っ込むとわけもわからずに損をしてしまう可能性が高いため、避けた方が良いと言うことなのです。
しかし、避けてばかりいても投資に対する成長の妨げにもなってしまいますから、自分のわからない分野であっても、盛り上がっている分野であるのなら、
勉強をすることは投資をする上で重要なことになります。

Comments are closed.