退職金を特定の金融商品に一度に投資するリスク

投資には見返りとなるリターンも多いですが、それと同時に元本割れしてしまうリスクも存在します。
金融商品の特徴としてリスクとリターンがありますが、このリスクとリターンは比例関係にありリターンが高くなれば高くなるほどリスクもそれに伴って高くなっていきます。
退職金を老後の為にと資産運用でリターンの大きい株式投資に一度に投資してしまうのはとても危険です。なぜなら株式への投資は投資の中でもハイリスク・ハイリターンと言われる商品で、うまく行けば大きな利益が望めますがその逆に損失となるリスクもまた大きいのです。
これの対策として投資を行う場合は、株式投資だけに頼らずミドルリスク・ミドルリターンと呼ばれる株式よりもリスクとリターンが少ない債券投資などと併用して行う事が安全です。
また退職金は今後の大切な生活費などになります。この大切な退職金を全額投資に使うという事はとても危険ですので半分くらいはリスクがほとんど無い定額貯蓄や定期貯蓄、大型貯蓄などといった貯蓄に回し、安定性を高めましょう。
投資にも株や債券だけでなく投資信託や外貨預金など色々な方法があります。限られたお金ですので色々な物に投資してリスクを分散させましょう。

Comments are closed.