リスクを減らしリターンを安定させる方法

リスクを減らすための基本的な方法が損切りと分散の二つです。一定の損失が発生すればポジションをクローズするということをあらかじめ決めておきます。自動売買を活用するのも良い方法ですが、自分でクローズするのにも問題はありません。損失の幅を限定するという目的でこれは必要な事だと言えるでしょう。それとともに分散も大事なことです。株式ばかりに投資をするのではなくて、最近やコモディティ、あるいは海外資産に分散することによって、損失の可能性を低くすることができるのです。
リターンを安定させるためには、利益を拡大させることを常に考えなければなりません。損失を限定するとともに利益を拡大するようにできれば、例えば10回中1回しか予想が当たらなかったとしても、トータルではプラスになる事もあるのです。プロは、予想をするのがうまいのではなくて、予想が外れたときの対処がうまく、予想が当たったときに利益を伸ばすのがうまいと考えておくべきで、予言ができるというものではないのです。
漁師は潮を見ると言われることがあるように、勝てるタイミングでしっかり稼ぎ、そして勝てないところでは損切りを徹底させるという方法をとれば、全体的では安定したリターンを得られるのです。

Comments are closed.